for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国北京、対面授業停止広がる コロナ死者新たに2人

[北京 21日 ロイター] - 中国の首都北京では21日、新型コロナウイルス感染者増加を受け、複数の地区で学校の授業がオンラインに移行された。

感染は国内各地で拡大しており、20日には本土で新たに2万6824人の市中感染者が確認された。前日の2万4215人から増加した。北京では2人の死亡が新たに確認された。同市では前日に5月下旬以来となる死者が1人出ていた。

北京の新規感染者は962人で前日の621人から増加。市内で最も人口が多い朝陽区のほか、海淀区、東城区、西城区でも一部の学校で対面式授業が停止された。

感染者数が多い南部・広東省の広州市は、人口最多の白雲区で5日間のロックダウン(封鎖措置)を導入。主要なビジネス街がある天河区では飲食店の店内営業が停止され、ナイトクラブや劇場も閉鎖された。

河北省省都の石家荘市は20日夜、新たな市中感染者が641人確認されたことを受け、8地区のうち6地区で今後5日間にコロナの集団検査を実施すると発表した。同市など複数の市は先週、定期的なコロナ検査を縮小し始めたばかりだった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up