for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国東部のコンテナ港、業務停止 従業員がコロナ検査陽性

中国東部の主要コンテナ港である寧波舟山港は11日、従業員1人が新型コロナウイルス検査で10日に陽性反応を示したため、業務を停止したと発表した。同港で2019年撮影の提供写真。(2021年 ロイター)

[北京 11日 ロイター] - 中国東部の主要コンテナ港である寧波舟山港は11日、従業員1人が新型コロナウイルス検査で10日に陽性反応を示したため、業務を停止したと発表した。

寧波舟山港傘下のコンテナターミナル、寧波梅東集裝箱碼頭も、現地時間11日午前3時半からすべての入港、荷役サービスを停止した。

リフィニティブの追跡データによると、寧波舟山港の沖には11日時点でコンテナ船28隻が待機している。7月29日時点では53隻だった。

寧波舟山港は、取扱量で上海に次ぐ中国第2のコンテナ港。1-7月の取扱量は前年比17.1%増の1868万TEU(20フィートコンテナ換算)。

同港をはじめとする中国東部の港は、7月下旬に台風の影響を受けて生産性が低下し、一時的に港湾が混雑した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up