for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国武漢市、全市民1100万人対象の新型コロナ検査を開始

新型コロナウイルスの発生源とされる中国の湖北省武漢市で13日、1100万人の市民全員を対象とした新型ウイルス検査が開始された。写真は4月15日、武漢市を流れると揚子江で撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[北京 13日 ロイター] - 新型コロナウイルスの発生源とされる中国の湖北省武漢市で13日、1100万人の市民全員を対象とした新型ウイルス検査が開始された。同市のロックダウン(都市封鎖)は4月8日に解除されたばかり。中国ではここ数日、同市などでクラスター(集団感染)が発生している。

武漢市武昌区が発行した検査通知によると、核酸増幅検査(NAT)と抗体検査の双方を実施する。市内の少なくとも2地域が検査実施の通知を直接配布したほか、オンラインで問診票を送付した。

特に力を入れる検査対象は、感染確認例と無症状感染者、それらの濃厚接触者、発熱している患者、教育・医療・運輸・金融機関・流通の従事者、政府関係者、海外からの帰国者、仕事のため武漢を離れる予定の人──の12分野に該当する人。これらについては「検査率は100%に達しなければならない」としている。

漢口地区の市民によると、検査はすでに開始されているという。

武漢市当局からのコメントは得られていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up