for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米企業の転換社債、5月の発行額が過去最高=バンカメ

[ニューヨーク 2日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカのデータによると、5月に米企業が発行した転換社債の規模は約207億ドルとなり、2001年5月の192億ドルを抜いて過去最高となった。

通常、ハイテクや医療関連企業が発行することが多い転換社債だが、サウスウエスト航空やクルーズ船運航会社カーニバルなどが発行した。ディールロジックのデータによると、サウスウエスト航空の発行規模は今年に入って2番目、カーニバルは3番目の大きさ。転換社債市場への投資経験がさほどない債券や株式の投資家の間で需要が高まっているとの指摘がある。

ある一定の期間後、通常5年以内にその企業の株式が大幅に上昇することを見込み投資する転換社債に、今後の景気回復を予想する投資家からの資金が集まっている。

また、バリュエーションとリターンの点で魅力的なことから資金が流入している。iShares Convertible Bond ETFは、年初から6.49%上昇。一方、S&P500種指数は5.24%下落している。

各社が配当を減らす中、株式投資家が株式への投資を継続するため転換社債に投資しているとの見方もある。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up