July 16, 2020 / 4:26 PM / 20 days ago

英米加、ロシアがサイバー攻撃と非難 コロナワクチン情報狙い

[ロンドン/オタワ 16日 ロイター] - 英国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は16日、ロシアが支援するハッカー集団が新型コロナウイルスのワクチンや治療法の研究・開発に関する情報を標的に、世界の研究機関にサイバー攻撃を仕掛けていると非難する声明を発表した。

声明は英、米、カナダの当局が連携して発表。「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)封じ込めに向けた重要な取り組みへの卑劣な攻撃」と非難した。

攻撃はハッカー集団「APT29(コージー・ベアー)」によるもので、フィッシングやマルウェアなど多種の手法で攻撃を仕掛けているという。NCSCは、攻撃が今後も継続する公算が大きいと予想する。

サイバーセキュリティーの研究者らによると、APT29のハッキングツールは過去1年間にわたって米国、日本、中国、アフリカに設置されたクライアントに対して使用された。

ラーブ英外相は、新型コロナに関する研究を標的にするロシアの情報活動は「容認できない」と表明。英政府は同盟国と連携し、責任を追及すると述べた。

カナダ当局も、サイバー攻撃はパンデミックへの対応を阻害すると非難した。

ロシア通信(RIA)によると、ペスコフ大統領報道官は正当な証拠はないとして、英国などの主張を否定している。

英国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は16日、ロシアが支援するハッカー集団が新型コロナウイルスのワクチンや治療法の研究・開発に関する情報を標的に、世界の研究機関にサイバー攻撃を仕掛けていると非難する声明を発表した。写真はイメージ。2018年10月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

また、米国土安全保障省と米サイバー軍は16日、ロシアのハッカー集団が開発している3つのハッキングツールに関する技術情報を公表。コードネームは「WELLMAIL」、「SOREFANG」、「WELLMESS」。

関係筋によると、米製薬会社内で「WELLMESS」が発見された事例がいくつかあるという。このツールによりハッカーは秘密裏に安全なコンピューターへのリモートアクセスが可能となった。同筋は被害に遭った企業名を明らかにしなかった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below