for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

チェコ、コロナ抑制策導入 全面ロックダウンは回避

11月25日、中欧のチェコは新型コロナウイルス感染拡大に歯止めをかけるため、バーやナイトクラブなどの営業を午後10時までとするほか、クリスマスマーケットの開催を禁止するなどの抑制策を導入した。写真は同日、チェコの病院に搬送される新型コロナ感染症患者(2021年 ロイター/David W Cerny)

[プラハ 25日 ロイター] - 中欧のチェコは25日、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めをかけるため、バーやナイトクラブなどの営業を午後10時までとするほか、クリスマスマーケットの開催を禁止するなどの抑制策を導入した。

このほか、文化・スポーツイベントの収容人数を1000人までに限定する。ただ、近隣のオーストリアやスロバキアなどのように全面的なロックダウン(都市封鎖)措置は導入しなかった。

チェコの過去1週間の新規感染者数の1日平均は人口100万人当たり1516人。「アワー・ワールド・イン・データ」によると、スロバキアとオーストリアに次いで多い。

欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、チェコのワクチン接種率は58.5%と、欧州連合(EU)平均の65.8%を下回っている。チェコ保健省によると、新型コロナに感染して集中治療室(ICU)で治療を受けている患者の70%がワクチンを接種していない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up