for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界の新型コロナ死者数が50万人に到達、感染者1000万人突破

[シドニー/北京 28日 ロイター] - ロイターの集計によると、COVID─19(新型コロナウイルス感染症)による死者が28日、世界全体で50万人に達した。世界の累計の感染者数は1000万人を突破した。

6月28日、ロイターの集計によると、COVID─19(新型コロナウイルス感染症)による死者が28日、世界全体で50万人に達した。写真は27日、新型コロナウイルス感染症で死亡した人のために準備されたジャカルタの墓地で撮影(2020年 ロイター/Willy Kurniawan)

COVID─19による死者は50万1000人、感染者は累計で1010万人。

死者数の増加ペースはこの数週間で落ち着きつつあるものの、公衆衛生の専門家らは、米国やインド、ブラジルでの新規感染者数の記録的な増加や、アジアの一部諸国における感染再拡大に懸念を示している。

28日には中南米の感染者数が欧州を上回り、北米に次ぐ規模となった。オーストラリアでは1日の新規感染者が2カ月超ぶりの水準となり、一部の地域で制限措置の再導入が検討されている。[nL4N2E60WX]

6月1─27日のデータに基づくロイターの集計によると、24時間に平均で4700人以上が新型コロナ感染症で死亡している。1時間当たりで196人、18秒あたり1人が死亡していることになる。

ロイターのデータによると、新型コロナ感染症の世界全体の死者数のうち、米国がおよそ4分の1を占めた。米国では最近、早期に積極的に経済再開に動いた南部、西部の一部の州で、感染者が急増している。

新型コロナ感染症による死者数は、月当たりでみると世界全体で7万8000人。世界保健機関(WHO)の2018年の統計では、エイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)関連の死亡者数は月当たり6万4000人、マラリアによる死者数は月3万6000人となっている。

医療の専門家の多くは一部の国で新型コロナの感染者と死者の数が過少報告されている可能性が高いとし、公式のデータをうのみにはできないと警告している。

<変わる埋葬儀式>

死者数の増加に伴い世界各地で伝統的な埋葬儀式に変化が生じており、遺族が故人に直接別れを告げることを禁じられることも少なくない。

イスラエルではイスラム教徒が死者の遺体を洗う習慣は認められておらず、遺体は布に包む代わりにビニール袋に入れなければならない。また喪に服している家に親族が7日間通うユダヤ教のシバと呼ばれる伝統も困難になっている。

イタリアではカトリック教徒が葬儀も司祭の祝福もなく埋葬されている。

<高齢者に高い感染リスク>

公衆衛生の専門家は人口動態と死亡率の関係を調べている。人口が高齢化している欧州の一部の国では死亡率が高いとう報告もある。

欧州疾病予防管理センター(ECDC)が4月に発表した報告書によると、20カ国の30万件以上の症例を調べた結果、死者の約46%が80歳以上だった。

インドネシアでは、何百人もの子供たちが死亡したとされるが、保健当局者は栄養失調や貧血などが原因であると考えている。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up