May 20, 2020 / 2:40 PM / 15 days ago

米デルタ航空、今夏に運航拡大の公算 米国内旅行が回復=CEO

[ワシントン 20日 ロイター] - 米デルタ航空のエド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は20日、6─7月に路線を増加することにより今夏の運航能力が拡大する可能性があると述べた。米国内旅行が徐々に回復するという。

FOXビジネス・ネットワークとのインタビューで、搭乗率を60%に抑えることがソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)の維持に資するとし、顧客の信頼感を高めるために清掃などの取り組みも行っていくと強調。現在の搭乗率は約35─40%程度だが、各路線の搭乗率が60%に近づいたら路線増加を検討し、6月に約200便、7月にはさらに200─300便を追加する可能性があると述べた。

米国内旅行に関しては、引き続き「緩慢」だが、今後12─18カ月で回復すると想定。一方、国際便の完全な再開は2021年まで見込みにくいとした。

またデルタ航空のコストについて、第2・四半期に前年同期比で50%以上減少する見込みとし、政府支援と合わせ、6月末に140億ドルの現金を確保することが可能とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below