March 19, 2020 / 4:03 PM / 15 days ago

ECBの緊急QE、「無制限」確約に独蘭など反対 総裁が押し切り

欧州中央銀行(ECB)が18日夜に新型コロナウイルス対策として決定した7500億ユーロ規模の緊急量的緩和(QE)に関し、ECBが自主規制として設けている買い入れ制限を必要に応じて見直す方針にドイツやオランダなど少数国が反対したことが関係者3人の証言で明らかになった。写真はラガルド総裁。フランクフルトで昨年11月撮影(2020年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が18日夜に新型コロナウイルス対策として決定した7500億ユーロ規模の緊急量的緩和(QE)に関し、ECBが自主規制として設けている買い入れ制限を必要に応じて見直す方針にドイツやオランダなど少数国が反対したことが関係者3人の証言で明らかになった。しかし、ラガルド総裁が反対を押し切る形で決着したという。

ECBはQEに加え、必要なら買い入れの規模を拡大し、年限を延ばす用意があると表明。さらに各国の国債発行額の3分の1までなどとしている資産購入の上限についても、必要に応じて撤廃する意向を示した。今回のQEはユーロ圏域内総生産(GDP)の6%に相当。これを含めると、ECBによる今年の資産購入額は1兆1000億ユーロに上る見込みだ。

関係者らによると、ドイツやオランダは、経済や金融市場の下支えに向け断固たる対応が必要と認める一方、買い入れ制限の変更には難色を示した。ただ、ラガルド総裁は明らかに賛成意見が多数だとして同方針を採択したという。理事会では議案について採決を取らないことが通例になっている。

ドイツ連銀やオランダ中銀はコメントを控えた。

ECBは今回のQEで、これまで信用格付けの低さから買い入れの対象となっていなかったギリシャの債券も対象にすることを決めたが、これについて反対はなかったという。また、一部の政策当局者はコロナ対策として域内の金融支援基金「欧州安定メカニズム(ESM)」による「コロナ債」発行を支持すると発言したが、こうしたことはECBではなく各国政府の決定事項とすることでまとまったもようだ。

その他、無制限の国債買い切り(OMT)については、導入の是非は議題に上らなかったものの、その効用は議論されたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below