April 9, 2020 / 7:10 AM / 2 months ago

「コロナ債」に固執すべきでない─ECB総裁=仏紙

 4月9日、ECBのラガルド総裁は、新型コロナウイルス対策の財源確保に向けた欧州共通の債券「コロナ債」発行をめぐり、その考えに固執すべきではないとの考えを示した。写真はフランクフルトで3月撮影(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[パリ 9日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は9日、新型コロナウイルス対策の財源確保に向けた欧州共通の債券「コロナ債」発行をめぐり、その考えに固執すべきではないとの考えを示した。

フランスの日刊紙「ル・パリジャン」とのインタビューで「『コロナ債』にこだわるべきとは思わない。物事には思ったよりも時間がかかることはあるものだが、必ず解決法は見つかる」と述べた。

またユーロ圏には、共通予算や危機後の復興財源からの合同支出など、他の手段もあると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below