for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リリーの関節炎薬、米当局がコロナ治療でレムデシビルとの併用を緊急承認

[19日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は19日、米製薬大手イーライリリーの関節炎薬「バリシチニブ」について、新型コロナウイルス治療における米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」との併用に緊急使用許可を出した。

バリシチニブは「オルミエント」の名称で販売されている経口薬。

FDAは、米国立アレルギー感染症研究所の支援で行われたコロナ入院患者に対する臨床試験のデータを基に今回の緊急使用を認めた。

治験では、バリシチニブとレムデシビルの併用治療で、患者の平均回復期間が約1日短くなった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up