for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー製とモデルナ製ワクチン、4回目一般接種推奨の証拠なし=欧州医薬品庁

4月6日、欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)と欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、米ファイザー製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、4回目の一般接種を勧める証拠(エビデンス)はないとする一方、80歳以上の高齢者に対する2回目の追加接種(ブースター)を推奨した。写真は1月、アテネで新型コロナウイルス感染症の検査に並ぶ人々(2022年 ロイター/Costas Baltas)

[6日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)と欧州疾病予防管理センター(ECDC)は6日、米ファイザー製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、4回目の一般接種を勧める証拠(エビデンス)はないとする一方、80歳以上の高齢者に対する2回目の追加接種(ブースター)を推奨した。

免疫機能が正常な60歳から79歳の成人において、ワクチンによる重症化防止効果が大幅に低下しているという明確な証拠がEU域内で得られていないという。

ただ、疫学的な状況が変化した場合には、この年齢層で4回目接種を検討する必要があるかもしれないと指摘。80歳以上の人は4回目接種が可能だとの見解を示した。

一方、60歳未満の年齢層では「4回目接種の付加的な価値」を示す決定的な証拠はないとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up