for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州医薬品庁、アストラ製ワクチンの追加接種承認を協議へ

欧州医薬品庁(EMA)は4日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種(ブースター接種)を承認するか、同社と協議を進めると明らかにした。3月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[4日 ロイター] - 欧州医薬品庁(EMA)は4日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種(ブースター接種)を承認するか、同社と協議を進めると明らかにした。

EMAのワクチン戦略部門を率いるマルコ・カバレリ氏は記者会見で「アストラゼネカから今日、追加接種を裏付ける可能性のある新たなデータの提出を受けた」とし、承認に十分かどうか協議していくと述べた。

EMAはこれまでにファイザー・ビオンテック製とモデルナ製のワクチンについて、2回目の接種から少なくとも6カ月経過後に追加接種を行うことを承認している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up