for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

J&Jワクチン、委託工場での製造中止を FDAが要請

米食品医薬品局(FDA)は19日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンを製造するエマージェント・バイオソリューションに対し、製造ミスにより数百万回分のワクチンが廃棄されたことで問題となっているボルティモア工場の検査が完了するまで、ワクチン向け新材料の製造を中止するよう求めた。写真はFDAのロゴ。2020年8月撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

[19日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は19日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンを製造するエマージェント・バイオソリューションに対し、製造ミスにより数百万回分のワクチンが廃棄されたことで問題となっているボルティモア工場の検査が完了するまで、ワクチン向け新材料の製造を中止するよう求めた。

J&Jは、エマージェントとともにFDAの検査に協力すると表明。また「現時点で当社のワクチン納入時期にどのような影響が及ぶかを推測するのは時期尚早だ」と述べた。同社はこれまで、今年前半までに1億回分のワクチンを米国に納入するとしている。

エマージェントは19日に提出した規制当局への書面で、FDAが12日に審査を開始し、その後16日には、審査が終了し改善が見られるまで製造を停止するよう要請があったとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up