for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アストラゼネカ製ワクチン、来月の欧州承認の公算小さい=当局

欧州医薬品庁(EMA)幹部のノエル・ワシオン氏は、英製薬大手アストラゼネカがオックスフォード大学と共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、EMAが来年1月中に承認できる公算は小さいとの見方を示した。豪シドニーで8月撮影(2020年 ロイター)

[アムステルダム 29日 ロイター] - 欧州医薬品庁(EMA)幹部のノエル・ワシオン氏は、英製薬大手アストラゼネカがオックスフォード大学と共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、EMAが来年1月中に承認できる公算は小さいとの見方を示した。

同氏はベルギー紙ヘットニウスブラットに対し「アストラゼネカはEMAに対し承認申請をまだ行っていない」と指摘。ワクチンに関する一部の情報の提出しか受けておらず、「品質を巡る追加的な情報が必要で、承認申請はその後になる」とし、こうした状況下では、来月中に承認される公算は「ほとんどない」と述べた。

この件に関してEMAはコメントを控えた。

英国のハンコック保健相によると、アストラゼネカは英当局にワクチンに関する完全なデータを提出している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up