July 6, 2020 / 2:51 PM / a month ago

EU、レムデシビルの生産拡大巡り協議

ドイツのシュパーン保健相は6日、国内に確保されている新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」は数百人分しかないとし、欧州連合(EU)議会に対し、域内での製造拠点が必要と訴えた。ハンブルクで4月代表撮影(2020年 ロイター)

[ブリュッセル 6日 ロイター] - ドイツのシュパーン保健相は6日、国内に確保されている新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」は数百人分しかないとし、欧州連合(EU)議会に対し、域内での製造拠点が必要と訴えた。一方、EUの執行機関である欧州委員会は同日、米バイオ医薬品企業ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)の生産能力拡大を巡り協議していると明かした。

シュパーン保健相は欧州議会主催のオンライン公聴会で「現時点で大量の在庫を抱えているわけではなく、数百人分しかない」と指摘。欧州でのレムデシビル製造確保に向け取り組んでいると述べた。

ギリアドのレムデシビル製造施設は欧州にはない。

欧州委の報道官は同日、ロイターに対し、レムデシビルの生産能力を巡りギリアドと協議していると述べた。ただ詳細は明らかにしなかった。

シュパーン保健相はギリアドに対し、欧州への十分な供給を確保するよう要請。レムデシビル供給について米保健福祉長官やギリアドと協議したと述べた。

フランスの医薬品規制当局はロイターに対し、レムデシビルの十分な供給量を確保するためにギリアドとともに措置を講じたとした。

またオランダ保健省は現時点で十分な量のレムデシビルがあるとした上で、ギリアドが近い将来、供給量を増やすことで合意したと発表した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below