for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU、21年末までのコロナワクチン接種は一部に限定=当局者

10月27日、欧州で新型コロナウイルス感染が再拡大する中、2021年末までに欧州連合(EU)域内でワクチン接種を受けられるのは一部の人に限られるとの見解をEU当局者が示していたことが分かった。写真は5月25日、開発中の新型ウイルス感染症ワクチン(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州で新型コロナウイルス感染が再拡大する中、2021年末までに欧州連合(EU)域内でワクチン接種を受けられるのは一部の人に限られるとの見解をEU当局者が示していたことが分かった。

関係筋によると、欧州委員会の当局者は26日に開かれた非公開会合で「EU域内の全ての住民の接種に十分なワクチンは21年末までに用意できない」と述べた。

この件に関して欧州委の報道官からコメントは得られていない。

EUの人口は約4億5000万人。EUはこれまでに3社の製薬会社から合計10億回以上のワクチンを調達する契約を結んでいる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up