June 23, 2020 / 7:01 AM / 14 days ago

コロナ危機でユーロ圏銀行にM&Aの余地=ECB銀行監督委員長

[ミラノ 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のエンリア委員長は23日、新型コロナウイルス危機により、ユーロ圏の銀行間にM&A(合併・買収)の余地が生まれるとの見方を示した。利ざやが減少するためという。同日付イタリア紙イル・ソレ24オレとのインタビューで述べた。

同委員長は、ユーロ圏銀行の不良債権問題の悪化は「避けられない」と述べ、「ここ数年、大きな不良債権がなく、ECBの不良債権処理に関するガイドラインの適用を受けた経験がない銀行こそ慎重になることが求められる」と述べた。

また、状況がはっきりし次第、銀行に対する配当・自社株買い制限を撤廃する方針を示すとともに、ユーロ圏銀行に対しいくつかのシナリオに基づいた財務健全性テストを課すとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below