March 19, 2020 / 6:07 AM / 18 days ago

米連邦住宅金融局、住宅差し押さえ回避措置発表 新型コロナ対策

 3月18日、米連邦住宅金融局(FHFA)は、全米の戸建て住宅の約半数が少なくとも60日間差し押さえや立ち退きを免れる措置を発表した。写真はコロナウイルス禍のニューヨークで撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米連邦住宅金融局(FHFA)は、全米の戸建て住宅の約半数が少なくとも60日間差し押さえや立ち退きを免れる措置を発表した。

新型コロナウイルスの影響で住宅ローン返済が困難になっている住宅所有者を支援する。

対象となるのは連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が保証する住宅ローンを利用している2800万人。戸建て住宅の不動産ローンの約44%に適用される。

FHFAのディレクター、マーク・カラブリア氏は「対象となる住宅ローンの利用者は、現在の非常事態に自分の家に住み続けることができる。新型コロナで厳しい状況にある住宅ローン返済者が、支援を受けられるようにすることが目的だ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below