for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FDA、高齢者らへのファイザー製ワクチン追加接種を承認

 米食品医薬品局(FDA)は22日、米ファイザー/独ビオンテック製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)について、65歳以上の高齢者や重症化リスクの高い人を対象に承認した。写真はファイザー/ビオンテックの新型コロナワクチン。米フロリダ州マイアミで8月撮影(2021年 ロイター/Marco Bello)

[22日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は22日、米ファイザー/独ビオンテック製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)について、65歳以上の高齢者や重症化リスクの高い人を対象に承認した。

リスクのある職業に就く人も対象に含まれ、2回の接種完了から少なくとも6カ月経過後に実施する。

米疾病対策センター(CDC)の高官は22日、CDC諮問委員会がファイザー/ビオンテック製ワクチンの追加接種を巡り23日に採決を実施する可能性があると明らかにした。

バイデン米大統領は8月、FDAとCDCの承認が下りれば9月下旬から16歳以上を対象に追加接種を開始すると発表。

一方、FDAの外部専門家による諮問委員会は17日、16歳以上への幅広い接種承認に反対し、高齢者を対象とした限定的な接種を推奨していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up