April 23, 2020 / 9:29 PM / 4 months ago

米FRB、新貸出制度の運用詳細を月次公表へ 透明性強調

米連邦準備理事会(FRB)は23日、新型コロナウイルスへの対応で新たに導入した貸出制度の運用に関する詳細を少なくとも月1回公表すると明らかにした。2018年8月撮影(2020年 ロイター/Chris Wattie)

[サンフランシスコ/ワシントン 23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は23日、新型コロナウイルスへの対応で新たに導入した複数の貸出制度の運用に関する詳細を少なくとも月1回公表すると明らかにした。貸出先の名前や貸出金額などを報告し、情報公開の透明性を確保する。

パウエル議長は、今回の措置について、FRBの「透明性と説明責任」に向けた対応の一環だと述べた。

貸出金額のほかに公表されるのは、金利や各制度の全体のコスト、収入、手数料。

金融危機に見舞われた2007ー09年当時、FRBは混乱を避けるために貸出先を公表しなかった経緯がある。その後に成立した金融規制改革法(ドッド・フランク法)により、個々の貸し出しに関する情報公開が義務付けられた。

コーウェン・ワシントン・リサーチ・グループのアナリスト、ジャレット・セイバーグ氏は顧客向けノートで「われわれが予期していたよりも詳細になる」と指摘した。

FRBは前回の危機時よりも情報公開の量は相当増えるとする一方、連銀窓口貸出(ディスカウント・ウインドウ)など従来型の制度については詳細の公表を控えるほか、プライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)、コマーシャルペーパー(CP)、マネー・マーケット・ファンド(MMF)関連の貸出制度も社会的信用を考慮し、参加者の公表は避けるとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below