March 13, 2020 / 8:13 PM / a month ago

FRBが370億ドルの国債買入、中長期債に対象拡大 コロナ対策

米連邦準備理事会(FRB)の金融調節を担当するニューヨーク連銀は13日、総額370億ドルの国債買い入れを実施すると発表した。写真は2019年3月、ワシントンのFRB前で撮影(2020年 ロイター/Leah Millis/File Photo)

[13日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の金融調節を担当するニューヨーク連銀は13日、総額370億ドルの国債買い入れを実施すると発表した。買い入れ対象は前日の銘柄拡充に伴い、当初の短期債から中長期債にまで拡大する。

各年限の買い入れ規模は、償還期間20ー30年が計80億ドル程度、同7ー20年が50億ドル程度、同4.5ー7年が80億ドル程度、同2.25ー4.5年が80億ドル程度、同0-2.25年が80億ドル程度。

連銀は国債買い入れについて、新型コロナによる「非常に特異な市場の混乱」に対応するものと説明した。

ニューヨーク連銀は12日、短期債に限っていた国債購入について、買い入れの対象を拡大する方針を表明。さらに1兆5000億ドル規模の追加レポオペを実施すると発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below