for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米は多分景気後退、経済活動再開はコロナの制御次第=FRB議長

[ワシントン 26日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は26日、米経済は「おそらく景気後退(リセッション)」入りとした上で、経済活動の完全な再開は新型コロナウイルスの制御にかかっているという認識を示した。

議長はNBCテレビとのインタビューで「われわれは感染症のパンデミック(世界的大流行)の専門家ではないため、その分野の専門家の意見に従う」と表明。「ウイルスが今後の工程を決めるという(米国立アレルギー感染症研究所の)ファウチ所長の発言はもっともだと思われる」とした上で「まずはウイルスの感染を制御下に置くことが先決で、経済活動の再開はそれからだ」と語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up