March 16, 2020 / 4:46 AM / 3 months ago

フランス統一地方選、新型コロナで投票率低迷

 3月15日、フランスでは15日、統一地方選の第1回投票が行われた。写真はパリ市長選に出馬したビュザン前保健相。パリでの代表撮影(2020年/ロイター)

[パリ 15日 ロイター] - フランスでは15日、統一地方選の第1回投票が行われた。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、投票率は低迷。その一方で、春の日差しの下、散歩やピクニックを楽しむ市民の姿がみられた。

出口調査によると、パリ市長選では、マクロン大統領が率いる与党・共和国前進のビュザン前保健相が、社会党現職のイダルゴ氏と保守派候補に次ぐ第3位となっている。

投票率は、大都市以外の投票締め切りまであと1時間の1600GMT(日本時間15日午前1時)時点で、登録有権者の40%未満。

フランス政府は、新型ウイルスの感染拡大を阻止するため、飲食店の休業など厳しい規制を導入したが、マクロン大統領は民主主義の手続きを踏むことが重要として、第1回投票の実施を決断した。

ただ、新型ウイルスの死者や感染者が増える中、1週間後の第2回投票を実施できるのか疑問視する声も出ている。

新型コロナ対策の強化にもかかわらず、住民はパニックには陥っていないようで、ルーブル美術館の庭やセーヌ川の川岸では、散歩やピクニックを楽しむ多くの人の姿がみられた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below