for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パリ、新型コロナで追加対策 夜間営業を制限

[パリ 5日 ロイター] - フランスの首都パリのアンヌ・イダルゴ市長は5日、新型コロナウイルス対策の一環で追加の制限措置を導入する方針を示した。夜間営業を禁止する店舗を増やす。

仏BFMテレビに明らかにした。飲食物の持ち帰りサービスを行う一部の店舗の営業を夜10時までとする。

同国のマクロン大統領は先月、全土で再び都市封鎖(ロックダウン)を実施すると発表したが、パリでは依然として夜間に外出する人が多く、追加の対策が必要だと判断した。

同市長は「ルールを守らない人がおり、大勢の人々の健康を危険にさらしている。新たな制限措置が必要だ」と述べた。

フランスで4日に報告された新規の新型コロナ感染者は4万0558人。4日に報告された死者は385人、累計の死者は3万8674人となった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up