for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナ感染の仏大統領、体調問題なし 職務ペース緩やかに

前日に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たフランスのマクロン大統領は18日、体調に問題はないが、快方に向かう間は緩やかなペースで職務に当たると述べた。写真はマクロン大統領。17日撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 18日 ロイター] - 前日に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たフランスのマクロン大統領は18日、体調に問題はないが、快方に向かう間は緩やかなペースで職務に当たると述べた。

ツイッターのライブ動画で、「ウイルスのせいでやや緩やかなペースで職務に当たっているが、伝染病や英EU離脱関連への対応など優先度の高い問題に引き続き焦点を当てていく」と指摘。多くの感染者と同様に前日から倦怠(けんたい)感や頭痛、空咳などの症状が出ているが体調に問題はないとし、症状が深刻化するとは想定していないとした。

また、感染対策を怠った瞬間があったために感染した可能性があるとした。マクロン氏はここ数日、EU首脳と多くの会合を行っていた。今後も自身の体調について定期的に報告するという。

スロバキアのマトビッチ首相は18日、新型コロナに感染したと明らかにした。同首相は先週ブリュッセルで開かれたEU首脳会議に出席していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up