for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏、英国からの入国者に自主隔離義務付け インド変異株を警戒

フランスは26日、インドで見つかった新型コロナウイルスの変異株の感染が英国で広がっていることを受け、同国からの入国者に対し自主隔離を義務付けると発表した。写真はフランスで2月5日撮影(2021年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 26日 ロイター] - フランスは26日、インドで見つかった新型コロナウイルスの変異株の感染が英国で広がっていることを受け、同国からの入国者に対し自主隔離を義務付けると発表した。

アタル政府報道官は「いわゆるインド変異株の感染が英国で拡大するという新たな事態に直面している」とし、「フランスは英国から入国する人に自主隔離を義務付ける」と表明。自主隔離の期間については追って発表するとした。

英国ではインド変異株「B.1.617」の感染が急速に拡大。20日時点の感染者数は3424人と、1週間前から2111人増加した。

欧州ではこれまでに、オーストリアが英国直行便の離発着と、同国からの観光客の入国を禁止すると発表。ドイツは英国からの入国者に対し2週間の自主隔離を義務付けた。フランスも感染拡大抑制策を取ったことで、観光産業への影響が懸念されている。

インド変異株はこれまでに少なくとも17カ国で検出されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up