for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独仏伊、アストラゼネカワクチン接種中断 血栓懸念

[ベルリン/ジュネーブ/チューリヒ 15日 ロイター] - ドイツ、フランス、イタリア政府は15日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を中断すると発表した。接種後に血栓ができるなどの副反応が疑われる事例が報告されていることを受けたもので、すでに遅延している欧州のワクチン接種計画に一段の影響が及ぶ恐れがある。

3月15日、 ドイツ保健省は英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を中止すると発表した。写真は同日。ミラノで撮影(2021年 ロイター/Flavio Lo Scalzo)

この他、スペインのラジオ、カデナ・セールは匿名の当局者の話として、スペインでも同ワクチンの接種が少なくとも15日間、中断されると報じた。

アストラゼネカ製ワクチンを巡ってはデンマークとノルウェーが先週、接種を中断。アイスランド、ブルガリア、アイルランド、オランダも同様に中断した。

世界保健機関(WHO)のスワミナサン首席科学者はオンライン形式で実施した記者会見で、これまでところ新型コロナワクチンと血栓性との関連性は確認されていないとし、「パニックを起こしてほしくない」と述べた。

欧州ではドイツが先週、感染拡大第3波に直面していると表明。イタリアが感染再拡大を受け抑制策を強化したほか、フランスの首都パリでは病院の対応能力が逼迫している。

こうした中、独仏伊など人口が多い欧州主要国でアストラゼネカ製ワクチンの接種が中断されることで、すでに遅延している欧州の接種状況を巡る懸念が一段と高まる可能性がある。

ドイツのシュパーン保健相は、血栓ができるリスクは低いものの、リスクを排除することはできないと指摘。政府はポール・エーリッヒ研究所(PEI)の助言に従い、接種中断を決めたと語った。

フランスのマクロン大統領は、欧州医薬品庁(EMA)によるアストラゼネカ製ワクチンの精査が16日に完了するまで同ワクチンの接種を停止すると発表。イタリアも、当局が判断を示すまでの「予防的、一時的な措置」とした。

アストラゼネカ製ワクチンを巡っては対応が別れており、英国は何も懸念はないと表明。ポーランドは恩恵はリスクを上回っているとの見解を示した。欧州外では、タイが12日に接種中断を発表したが、この日、再開を表明した。

EMAによると、欧州で約500万人がアストラゼネカ製ワクチンの接種を受けているが、3月10日時点で30件の血栓症の事例が報告されている。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up