June 9, 2020 / 10:44 PM / a month ago

独、EV充電設備に5億ユーロを拠出へ 2030年に100万カ所目指す

[ベルリン 9日 ロイター] - ドイツ経済省は、景気対策の一環として電気自動車(EV)用インフラ拡張に拠出する25億ユーロのうち、超高速充電スタンドの建設に5億ユーロ(5億6700万ドル)を振り向ける方針。2人の政府筋が9日明らかにした。

民間によるEV保有の促進が目的。現在、独国内のEV普及率は0.6%にとどまっている。

現在は2万7730カ所ある公共のEV充電スタンドを、2030年までにおよそ100万カ所に増やす。

また、国内の充電池生産を支援するため、15億ユーロを拠出する考え。これは現在用意されている金額の倍以上に相当する。残りの5億ユーロは研究開発費に充当する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below