March 17, 2020 / 12:43 AM / 24 days ago

欧州の一部銀行、支店閉鎖や営業時間短縮 新型コロナ感染抑制で

 3月16日、ドイツの大手銀行のコメルツ銀行とHVBは、数百の支店を一時的に閉鎖すると発表した。写真はコメルツ銀行のロゴ。2月13日、独フランクフルトで撮影(2020年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト/ロンドン 16日 ロイター] - ドイツの大手銀行のコメルツ銀行(CBKG.DE)とHVBは、数百の支店を一時的に閉鎖すると発表した。イタリアの一部銀行も営業時間を短縮した。人手不足と新型コロナウイルスの感染抑制への取り組みを強めた。

コメルツ銀は、ドイツの約1000の支店のうち数百を閉鎖するとしたが、閉鎖する支店の数はまだ決定していないとしている。HVBは、337支店のうちの101支店を16日中に閉鎖すると発表した。

銀行各行は、デジタルバンキングの利用拡大で、支店サービス縮小に伴う混乱が限定されると期待する。英国とスペイン、フランスでは大半の銀行が営業しているが、顧客にオンラインの利用を呼び掛けている。

コメルツ銀とHVBの顧客は依然として、ATMやオンラインサービス、営業を続けている支店は利用できる。一部のドイツの貯蓄銀行でも支店を既に閉鎖したり、支店閉鎖を計画する動きが出ているという。

イタリア最大のリテール銀行インテーザ・サンパオロ(ISP.MI)では、3500支店のうち規模が大きい約900の支店が午前のみの営業となっている。小規模支店の大半は週3日の午前中のみ営業している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below