March 16, 2020 / 3:17 PM / in 20 days

新型コロナ、独経済への影響は第3四半期まで継続=経済省

独経済省は16日、新型コロナウイルスの感染が欧州でも拡大していることを受け、独経済が第1・四半期に上向くとの観測は後退し、影響は少なくとも第3・四半期まで継続するとの見解を示した。ラインで撮影(2020年 ロイター/ARND WIEGMANN)

[ミュンヘン/ベルリン 16日 ロイター] - 独経済省は16日、新型コロナウイルスの感染が欧州でも拡大していることを受け、独経済が第1・四半期に上向くとの観測は後退し、影響は少なくとも第3・四半期まで継続するとの見解を示した。

経済省は、ドイツの海外との供給網が速やかに修復されるという最善のシナリオの下でも、少なくとも第3・四半期まで安定化しないと予想。「影響がどの程度深刻で、どの程度の期間にわたり継続するのか、正確に予測するのは難しい」としながらも、新型ウイルスの急速な感染拡大を踏まえると「経済的な影響は大きくなると予想している」とした。

ドイツではこれまで新型ウイルスの感染者数は約5000人、感染による死者数は12人。オーストリア、スイス、フランス、ルクセンブルク、デンマークとの国境が一時的閉鎖されているほか、政府は国民に対し不要不急の海外への渡航を控えるよう呼び掛けている。また政府報道官は、国外にいるドイツ国民の帰国について独ルフトハンザ航空と協議していることを明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below