for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独・英のコロナ死者、過去最多 変異種拡大への懸念強まる

ドイツと英国で8日、新型コロナウイルス感染症による1日当たりの死者が過去最多に達した。写真は7日、独ディレンブルクの高齢者施設のワクチン接種に向かう赤十字のチーム(2021年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン/ロンドン/ローマ 8日 ロイター] - ドイツで8日、新型コロナウイルス感染症による1日当たりの死者が1188人と過去最多に達した。感染力が強いとされるコロナ変異種の感染拡大への懸念が高まっている。

南部バイエルン州のゼーダー首相は「2分に1人が亡くなるペースになっている」と警鐘を鳴らした。

新規感染者も約3万2000人と最多に近い水準となっている。

ドイツでは5日、全国的なロックダウン(都市封鎖)が延長され、全国の感染拡大地域で不要不急の移動する初の措置が導入された。

英国でもコロナ感染症による死者が1325人と、これまでの最多を記録した。新規感染者も6万8000人強に達した。

首都ロンドンはこの日、新型コロナ変異種が国内で制御不能となり、病院が対応できない恐れがあるとして「重大インシデント」を宣言した。

欧州で死者数が2番目に多いイタリアでも620人が死亡し、前日から増加した。新規感染者数は1万7500人強となったが、前日からは小幅減少した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up