for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ、イースターの追加ロックダウン撤回 業界からの批判受け

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は24日、新型コロナウイルス対策として導入を決めたイースターの追加的なロックダウン(都市封鎖)措置を撤回すると発表した。政府が慌ただしく取りまとめた措置に対し、業界団体などから批判の声が上がっていた。

メルケル首相は23日早く、ロックダウンを4月18日まで延長すると表明。4月1日と3日を「追加的な休暇の日」とし、イースター前後の5日間は自宅にとどまるよう呼び掛けた。

ただメルケル氏はこの日、記者団に対し、こうした措置を早急に導入するのは現実的ではなかったとし、混乱を引き起こしたことを謝罪。「全ては私自身に責任がある」と述べた。

政府の措置について、業界団体から企業破綻が増えるなどと批判の声が上がっていた。

一方、医療関係者は感染力が強い新型コロナ株の感染拡大を防ぐには十分でないと指摘。メルケル首相もこの日、英国で検出された変異株はドイツ国内でも広がっており、特に子どもや若者に対する危険性が高いと警告。学校対策を強化する必要があるとの考えを示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up