for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ、コロナワクチン効果出るまで封鎖強化を=与党党首

独与党キリスト教民主同盟(CDU)の党首でメルケル首相の有力後任候補、アルミン・ラシェット・ノルトライン・ウェストファーレン州首相は5日、新型コロナウイルス感染拡大を抑制するにはより厳格なロックダウンが必要との見解を示した。写真はベルリンのワクチン接種会場、5日、代表撮影(2021年 ロイター)

[フランクフルト 5日 ロイター] - 独与党キリスト教民主同盟(CDU)の党首でメルケル首相の有力後任候補、アルミン・ラシェット・ノルトライン・ウェストファーレン州首相は5日、新型コロナウイルス感染拡大を抑制するにはより厳格なロックダウン(都市封鎖)が必要との見解を示した。

ドイツでは、ワクチン接種が英国やイスラエル、米国に遅れを取る中、数カ月に及ぶ規制にもかかわらず感染が拡大している。

ラシェット氏はアーヘンのワクチン接種会場で、ドイツはワクチン接種の効果が表れるまでの時間を稼ぐため、封鎖を行う必要があると指摘。「われわれはゴールに極めて近づいている。最後の数メートルでは一層の努力が必要で、それを求めている」と述べた。

具体的には、夜間外出禁止や在宅勤務促進など個人間の接触抑制を挙げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up