for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独、ワクチン未接種者の行動制限へ コロナ第4波に対応

11月18日、ドイツのメルケル首相は、新型コロナウイルス感染者の入院率が一定の水準を超えた地域で、文化・スポーツなどのイベントへのアクセスやレストランの利用をワクチン接種を完了している人、もしくは新型コロナ感染症から完治した人のみに制限すると発表した。写真はマールブルクの自転車店で17日撮影(2021年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は18日、新型コロナウイルス感染者の入院率が一定の水準を超えた地域で、文化・スポーツなどのイベントへのアクセスやレストランの利用をワクチン接種を完了している人、もしくは新型コロナ感染症から完治した人のみに制限すると発表した。

メルケル首相は「非常に懸念される」新型コロナ感染の第4波に対応する上で必要な措置とし、「より多くの人々がワクチンを接種していれば、これら措置は必要にならなかったはずだ」と述べた。同時に、「今からでもワクチン接種は遅くない」とし、国民にワクチン接種を呼び掛けた。

また、医療従事者らへのワクチン接種義務付けを可能とする法律の制定を州政府が求めており、連邦政府が検討する構えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up