for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-独、コロナ死者が2月以降で最多 4人がオミクロン株感染

(情報を追加します)

[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツのロベルト・コッホ研究所によると、同国で1日に報告された新型コロナウイルスの死者は446人と、2月18日以降で最多となった。

新規感染者は6万7186人で、1週間前から302人増加。累計の死者は10万1790人に達した。

過去7日間に感染した人は10万人当たり442.9人と、前日の452.2人から減少した。

ドイツ連邦・地方政府は前日、ワクチン接種の強化や接触の制限などの対策を講じることで合意。専門家から対応が後手に回っているとの批判を受けており、店舗でのワクチン接種証明・回復証明の提示義務化や大型イベントの入場制限などの提案について2日に決断を下す。

ドイツ集中治療・救急医学会(DIVI)のゲルノット・マルクス会長によると、集中治療室の患者はクリスマスまでに6000人に達し、昨冬のピークだった5745人を上回る可能性がある。看護スタッフの減少で、利用可能な病床数も減っているという。

同会長はZDFテレビで「医療を崩壊から守る必要がある」とし、政府に一時的なロックダウン(都市封鎖)の導入検討を呼び掛けた。

同国のバーデン・ビュルテンベルク州の保健当局者は1日、同州で4人の新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」への感染を確認したと発表した。4人はいずれもワクチン接種を終えていた。

4人のうち3人は南アフリカへの出張から11月26日と27日に帰国した。残りの1人は帰国者の家族。

州の保健当局の発表によると、オミクロン株への感染が確認された4人は全員ワクチン接種済みだった。現在は全員が隔離中で、軽度の症状がある。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up