for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独首相、コロナ対策で短期・厳格な封鎖要請を支持=政府副報道官

ドイツのメルケル首相は、新型コロナウイルス感染者数が急増していることから、感染抑制に向けた短期的で厳格なロックダウンを求める意見を支持していると、政府副報道官が7日、明らかにした。写真は人けのないレストラン、独ハンブルクで3日撮影(2021年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 7日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は、新型コロナウイルス感染者数が急増していることから、感染抑制に向けた短期的で厳格なロックダウン(都市封鎖)を求める意見を支持していると、政府副報道官が7日、明らかにした。

同国では感染第3波が発生しており、複数の自治体が短期かつ厳格な封鎖を求めている。一方、国はワクチン接種の進展を目指している。

デンマー副報道官は、「短期的、一律の封鎖の要請は正しい」と記者団に述べ、国内の集中治療患者が増加していることに言及した。

また、7日間の10万人当たりの感染者数について、「100人以下を維持する必要がある」と指摘。国立感染症研究機関ロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、現在は110.1人。

さらに、地域単位でなく全土の規制が必要かどうか検討していると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up