July 5, 2020 / 11:55 PM / in a month

景気回復は10月以降に、今年の成長率マイナス6%見込む=独経済相

 ドイツのアルトマイヤー経済相は7月5日付の独紙ビルト日曜版でのインタビュー記事で、独景気が新型コロナウイルスの世界的流行から回復するのは10月以降になるとの見通しを明らかにした。6月15日、ベルリンで代表撮影(2020年 ロイター/Markus Schreiber)

[フランクフルト 5日 ロイター] - ドイツのアルトマイヤー経済相は5日付の独紙ビルト日曜版でのインタビュー記事で、独景気が新型コロナウイルスの世界的流行から回復するのは10月以降になるとの見通しを明らかにした。

アルトマイヤー氏は「景気の悪化は夏季休暇後には底打ちし、10月以降に回復し始めると確信している」と語った。

一方、2020年の経済成長はマイナス6%を予想。21年にはプラス5%以上の達成も可能だと指摘した。

労働市場の見通しについては、22年までにコロナ危機前の水準を回復し、それ以降は再び完全雇用へ向かうと強調した。

また米国の感染状況を強く懸念していると述べ、「感染流行が制御できておらず、世界経済に多大な影響を及ぼす」と警戒感を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below