March 5, 2020 / 10:18 AM / 4 months ago

今年の英成長率見通し引き下げ、5月までに2回利下げか=ドイツ銀

3月5日、ドイツ銀行は、急速な新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、今年の英国の経済成長率見通しを1%程度から0.5%に引き下げた。ロンドンで2019年11月撮影(2020年 ロイター/Hannah McKay)

[5日 ロイター] - ドイツ銀行は、急速な新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、今年の英国の経済成長率見通しを1%程度から0.5%に引き下げた。また、イングランド銀行(英中銀)が5月までに2回利下げを実施する可能性を指摘した。

株式市場は先週リセッションの懸念で急落。多くのアナリストが成長見通しを下方修正しており、バンク・オブ・アメリカは先週、世界の成長率見通しを2009年以来の低水準となる2.8%に引き下げた。

ドイツ銀行のアナリスト、サンジェイ・ラジャ氏とオリバー・ハーベイ氏は、世界経済の減速、サプライチェーンの混乱、家計需要の低迷が今年の英経済指標を圧迫するとの見方を示し、0.25%ポイントの利下げ実施時期の予想を8月から3月に前倒した。

顧客向けリポートで「危機の広がりと期間にもよるが、英中銀が5月に25ベーシスポイント(bp)の追加利下げに動く可能性は大きい。また、流動性拡充と金融状況の緩和に向け、複数の的を絞った措置が打ち出されると予想している。これには、ターム物資金供給の拡大や、銀行のカウンターシクリカル自己資本バッファーの縮小などが含まれる」と指摘した。

市場関係者の間では、英中銀が米・カナダに追随して26日の会合前にも利下げに踏み切るとの観測が広がっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below