for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FDA、ウィル・GSKのコロナ抗体薬に緊急使用許可

 米食品医薬品局(FDA)は26日、米ウィル・バイオテクノロジーと英グラクソ・スミスクライン(GSK)が開発した抗体医薬品「ソトロビマブ」について、12歳以上で軽度から中等度の新型コロナウイルス感染症患者を対象とした緊急使用許可を出した。2019年11月、英スティーブニッジで撮影(2021年 ロイター/Peter Nicholls)

[26日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は26日、米ウィル・バイオテクノロジーと英グラクソ・スミスクライン(GSK)が開発した抗体医薬品「ソトロビマブ」について、12歳以上で軽度から中等度の新型コロナウイルス感染症患者を対象とした緊急使用許可を出した。

ウィルとGSKによると、同医薬品は今後数週間で患者に届く見込み。今年下半期にはFDAにマーケティング(販売)申請を行う予定という。

米リジェネロン・ファーマシューティカルズと米イーライリリーによる同様の新型コロナ薬も米国で緊急使用許可を得ている。

欧州連合(EU)の医薬品規制当局は先週、重症リスクがあり、酸素補給が不要な新型コロナ患者へのソトロビマブの使用を支持した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up