for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港にコロナ変異種流入の可能性、英国渡航の学生から=衛生当局

 12月23日、香港の衛生当局は、英国から香港に帰った学生2人が英国で感染が拡大している新型コロナウイルス変異種に感染したもようだと明らかにした。写真は香港のサッカー場で検査を受ける女性。8日撮影(2020年 ロイター/Lam Yik)

[香港 23日 ロイター] - 香港の衛生当局は23日、英国から香港に帰った学生2人が英国で感染が拡大している新型コロナウイルス変異種に感染したもようだと明らかにした。

香港衛生署傘下衛生保護センターの高官は定例会見で、2人の学生から採取したウイルスが英国の変異種と一致しているようだと述べ、確定するにはさらなる分析が必要だと続けた。

一方、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は別の記者会見で、香港政府が英アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発したコロナワクチンを750万回分確保したと明らかにし、香港の人口750万人に十分に行き渡るよう4番目のワクチン供給元を探していると語った。

安全への懸念に対応し、市民がワクチンの種類を選べるようにするとし、市民に接種を呼び掛けた。

香港は既に中国の科興控股生物技術(シノバック)のワクチン750万回分、中国の上海復星医薬集団と独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同で供給するワクチン750万回分を発注しており、シノバックのワクチン第1弾となる100万回分が1月に到着する見通し。

香港は22日以来、英国からの航空便の受け入れを停止している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up