for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港と中国、部分的な往来再開に近づく 当局が声明

香港と中国の当局は、25日の政府間会議を受けてクロスボーダーの部分的な往来再開に近づいたとの見解を示した。両政府は新型コロナウイルス排除を目指し、厳しい行動制限を導入している。写真は天水囲で昨年2月撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 26日 ロイター] - 香港と中国の当局は、25日の政府間会議を受けてクロスボーダーの部分的な往来再開に近づいたとの見解を示した。両政府は新型コロナウイルス排除を目指し、厳しい行動制限を導入している。

中国の深センで25日に政府の代表者らが会談した。

香港政府は声明で「中国本土・香港間の段階的かつ秩序立った隔離なしでの往来再開を検討する会議で良好な進展があった」と明らかにした。

中国の香港マカオ事務弁公室は別の声明で、香港の感染状況は「安定しており、制御可能」との認識を示した。

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは本土からの匿名の関係筋の話として、クロスボーダーの往来が一部、来月再開される見通しだと伝えた。

香港では今年に入り感染者がほぼ出ておらず、状況が落ち着いているにもかかわらず、ほとんどの国からの渡航者を対象に到着後に最長21日間のホテル隔離が義務付けられている。

渡航制限を緩和しなければ、人材や投資資金の流出、金融ハブとしての香港の地位低下につながりかねないとの懸念が出ている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up