for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-香港長官、コロナ規制で物流低迷警告 「愛国者のみ」の議会開会

(情報を追加します)

[香港 12日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は12日、開会した立法会(議会)の冒頭に演説し、航空会社のクルーに対する検疫措置強化による負の影響が間もなく表れ、香港へのモノの供給に当たる貨物輸送量が減少するとの見通しを示した。

林鄭氏は、香港は域外からもたらされる新型コロナウイルスの感染に対して最も厳しい措置を既に講じており、これ以上強化することは困難だと述べた。

香港では昨年末に初めてオミクロン変異株の感染が確認された。それ以降40人以上の感染が明らかになっている。

当局は自主隔離規則に違反したキャセイ・パシフィック航空のクルー2人が感染源になった可能性があると指摘。同社は規制強化を受けて、旅客便と貨物便の大半の運航を今月停止した。

林鄭氏は「こうした貨物規制の帰結は間もなく現れるだろう。貨物便を通じた貨物の入境はほぼゼロだ。航空会社だけでなく、一般市民にも影響が出る」と述べた。

同氏は一部の商品が入手できなくなったり、価格が上がるだろうと指摘し、食品、エレクトロニクス、医薬品が特に影響を受けるとの見方を示した。

今回の立法会は新しい選挙制度を受けた「愛国者のみ」の議員の下で開かれる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up