March 4, 2020 / 5:00 AM / a month ago

香港証取、上場申請企業に新型ウイルス巡る情報開示求める

 3月4日、複数の関係筋によると、香港証券取引所は上場を申請した企業に対し、新型コロナウイルスに関する情報開示を求めている。写真は香港で2018年1月撮影(2020年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 4日 ロイター] - 複数の関係筋によると、香港証券取引所は上場を申請した企業に対し、新型コロナウイルスに関する情報開示を求めている。事業にどのような影響が出るかや、具体的な対応策について説明を求めているという。

香港証券取引所には2月以降18社がIPOを申請している。

このうちマレーシアのソフトウェア開発会社Cーリンク・スクエアードは、上場申請書類で新型ウイルスに34回言及。「事業に重大な影響は出ておらず、潜在的な影響を最小限に抑えるための戦略をまとめた」と表明している。

香港では昨年、大型IPOが相次いだが、過去5週間は新型ウイルスの影響で面談がキャンセルされたり、国際金融市場が動揺していることを受けて、IPOが大幅に減少している。

関係筋によると、香港証券取引所は上場申請企業に対し(1)サプライチェーンの状況、(2)コンティンジェンシー・プラン(不測の事態を想定した緊急対応策)、(3)業務停止に追い込まれた場合のキャッシュバーンレート(現金燃焼率)、(4)予防的措置(5)取引先が受ける影響──について説明を求めている。

香港証券取引所を運営する香港取引所(0388.HK)は「上場申請では、投資家が適切な情報を得て企業を評価できるよう十分な情報の提供を義務づけている」と表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below