April 30, 2020 / 12:15 AM / a month ago

ハンガリー、首都以外での新型コロナ規制を一部緩和 2週毎に見直し

 ハンガリーのオルバン首相は4月29日、首都ブダペスト以外の地域で新型コロナウイルス感染拡大抑制のための規制を一部解除した。3月10日、ブダペストで撮影(2020年 ロイター/Bernadett Szabo)

[ブダペスト 29日 ロイター] - ハンガリーのオルバン首相は29日、首都ブダペスト以外の地域で新型コロナウイルス感染拡大抑制のための規制を一部解除した。店舗とレストランのテラスが時間制限なしに営業可能となり、屋外プールも再開される。ただし、店内と公共輸送機関ではマスク着用または顔を覆うことが義務付けられるという。

感染者数が最も多いブダペストでは、当面現状の規制が継続され、食品と医薬品の販売店以外の店舗は午後3時に閉店となる。

ロイターの算出では今年の同国経済は4%前後のマイナス成長となる見通しで、政府は経済に対する悪影響の深刻化と継続を回避するため、段階的な再開戦略を取っている。

首相はフェイスブックへのビデオ投稿で、「われわれの防疫の第1段階は完了した」と明言。医療用防具の在庫の確保を強化したため、一定期間、大量の感染者を処置する容易ができていると付け加えた。

そのうえで、「いまや治療から置き去りにされる人が出る心配は無用となった。ハンガリーでは、徐々に(通常の)生活を再開できる」と述べた。

一段の規制緩和については、2週間毎に見直すとしている。

29日時点における同国の新型コロナ死者は300人、感染者は2727人。このうち1347人がブダペストでの感染となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below