for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

21年世界の失業者、パンデミック前大きく上回る=ILO報告書

国際労働機関(ILO)は、今年の失業者が最低2億2000万人と、新型コロナウイルスのパンデミック前の水準を大幅に上回ると予想した。写真は昨年6月、南ア・ケープタウンで仕事を探す人たち(2021年 ロイター/Mike Hutchings)

[ジュネーブ 2日 ロイター] - 国際労働機関(ILO)は2日に公表した報告書「世界の雇用および社会の見通し:2021年の動向」で、今年の失業者が、最低2億2000万人となり、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を大幅に上回るとの見通しを示した。労働市場の持ち直しが軟調なことで元からあった格差が拡大すると警告した。

ILOは、来年の失業者は2億0500万人に減ると試算。依然として新型コロナ危機が景気に大打撃を与える前の19年の1億8700万人を大幅に上回る。

ILOの算出モデルに基づくと、世界の失業率は21年に6.3%となる。来年は5.7%へ低下するが、パンデミック前の19年の5.4%を依然上回る。

ILOは報告書で「少なくとも23年まで失った雇用を取り戻すことができない」と述べた。

ILOのエコノミストで報告書の筆頭著者であるステファン・クーン氏はロイターに対し、多くの労働者が勤務時間の短縮を余儀なくされたことや、ほかの要素を考慮すれば、労働市場への打撃はもっと大きかったと話す。

19年に比べて20年に失った労働時間は、1億4400万人の正規雇用に相当。21年の第2・四半期時点でも依然1億2700万人の正規雇用に相当している。

クーン氏は「失業状況は労働市場への打撃を捉えていない」と話した。米国では、大量の失業者が出た後に採用が再開した一方、欧州を中心にほかの地域では短縮勤務が続いていると指摘した。

報告書は、女性や子ども、そして非公式な部門で働く20億人の人々が最大の打撃を受けたとした。世界中で貧困、もしくは非常に貧困と分類される人口が19年と比べ1億800万人増えたという。「貧困労働者撲滅に向けた5年間の進歩が台無しになった」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up