for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドのコロナ感染者が700万人突破、祝祭控え懸念高まる

インド保健省によると、11日に新型コロナウイルスの類型感染者数が 700万人を突破した。写真は2020年10月9日に撮影されたニューデリーにおけるコロナウイルスのサンプル採取の現場。(2020年 ロイター/Anushree Fadnavis )

[ムンバイ 11日 ロイター] - インド保健省によると、11日に新型コロナウイルスの類型感染者数が

700万人を突破した。南部の感染増が西部の減少を相殺した。

過去24時間に確認された感染者数は7万4383人、死者は918人で、累計は10万8334人となった。

政府統計に基づくロイターの算出によると、インドの感染者数は過去13日間で100万人増加し、累計感染者数が800万人に迫っている米国に次いで世界で2番目の多さとなっている。

初期対応で称賛された南部ケララ州で10日に確認された感染者数は、1万1755人と国内最多。隣接するカルナタカ州と州都ベンガルールも感染抑制に苦慮している。

3月末に実施した厳しいロックダウン(都市封鎖)で経済が崩壊状態となっていることを受け、政府は10、11月に山場を迎えるヒンドゥー教の祭りのシーズンを前に、インド全土で経済の完全再開を目指している。しかし、恒例の大規模な祝賀行事や全国規模の移動の抑制が、新たな課題となる。

マハラシュトラ、グジャラートなど西部の少数の州では、10月17日から9日間行われる祭りの期間中、集会規制を実施している。

バルダン保健・家族福祉相はソーシャルメディアに投稿した動画で「祭りの季節が近づいている。この期間における人々のわずかな不注意で、状況が悪化する恐れがある」と呼びかけた。

また、「信仰や宗教を証明するため、大規模な集会を行なう必要はない。それを行えば、大きな問題に向かって突進することになるかもしれない」と警告した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up