for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アングル:インド、「ワクチン外交」で中国やパキスタンに対抗

[ニューデリー 7日 ロイター] - インドの当局者は7日、同国がカンボジアへの新型コロナウイルスワクチン出荷を承認し、モンゴルや太平洋諸島諸国への供給も計画していると発表した。同日にはアフガニスタンにも同国からワクチンが届いた。これは、全てインドが拡大している「ワクチン外交」の一環だ。

2月7日、インドの当局者は同国がカンボジアへの新型コロナウイルスワクチン出荷を承認し、モンゴルや太平洋諸島諸国への供給も計画していると発表した。写真は1月、 スリランカ・コロンボで、インド製のワクチンを手にする医療関係者(2021年 ロイター/Dinuka Liyanawatte)

狙いは、同様にワクチン供給を約束しているアジアの巨大なライバル国、中国を出し抜くことだ。モディ政権は、自国での接種計画はまだ始まったばかりだというのに、近隣諸国に英アストラゼネカが開発しインドのセラム・インスティテュート・オブ・インディアが生産するワクチン数百万回分を供与している。

モディ首相は地域諸国との関係を改善し、中国の政治的、経済的優位を押し返すために、様々な疾病向けの世界最大のワクチン生産国としての国力を駆使する構えだ。

インドのカンボジア駐在大使、Devyani Khobragade氏によると、インド政府はカンボジア向けの新型コロナワクチン10万回分を緊急承認。カンボジアのフン・セン首相からモディ氏に寄せられた依頼に応えた。カンボジアは本来、中国の重要な同盟国だ。中国も国営シノファーム(中国医薬集団)が主要な開発者であるコロナワクチンを百万回分、提供する見込みになっている。

Khobragade氏は「ほかの友好国から無数の要請があったにもかかわらず、また、インド国民への接種の約束にもかかわらず、セラムを通じた(カンボジアへの)供与が保証された」と強調した。

インドはミャンマー、バングラデシュ、ネパール、スリランカ、モルディブにも、最前線の労働者を手始めに接種していくのを支援するためワクチンを送った。「ワクチン・フレンドシップ」と名付けた取り組みだ。

7日にはアフガニスタンにアストラゼネカのワクチン50万回分を送った。荒廃した同国にとって初めて届いたワクチン。同ワクチンは世界保健機関(WHO)からの緊急承認を待っている段階だ。

インドが長年、アフガニスタンに何百万ドルも投資してきたのは、仇敵・パキスタンのアフガニスタンへの影響力を押し返すための幅広い努力の1つと見なされている。インド政府筋は「このワクチンは無償供与だ」と語った。

インド外務省報道官によると、同国はこれまでに寄付ないし商業契約を通じて計17カ国に総計1560万回分を提供した。向こう数週間でモンゴル、カリブ海諸国、太平洋諸島諸国にも送られるという。同氏は「対外的な供与は、入手可能かやそれぞれの国内の必要に応じて進められている」と説明した。

インドは自身がコロナ感染者数で世界2番目に多い国で、国内では8月までに人口約13億人のうち3億人に接種する計画。1月16日に接種を開始し、同月中に医療従事者約300万人に接種したが、夏までに設定した国内目標を達成するには、接種ペースをもっと加速する必要がある。

(Sanjeev Miglani記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up