for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド、新型コロナワクチン供給を加速 感染拡大に対抗

[ニューデリー 31日 ロイター] - インドのワクチン生産大手セラム・インスティチュート・オブ・インディアは、英アストラゼネカ製新型コロナウイルスワクチンの生産量を6月に約40%拡大する。同社の広報担当者が31日、ロイターに述べた。

現時点で月間約6500万回分の生産量を9000万回分に引き上げる。

また政府関係者によると、インドの製薬企業バラット・バイオテクも自社製の新型コロナワクチンの生産量を4月の約1000万回分から6月に2300万回分に拡大するという。

インド国内のワクチン接種完了者は人口の約3%にとどまっているほか、1回目の接種者も約12%となっており、各州政府は深刻なワクチン不足を訴えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up