for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド製新型コロナワクチン、来年2月にも提供の可能性

インド政府が開発支援している民間企業バーラト・バイオテックとインド医学研究評議会(ICMR)との共同開発のワクチン「コヴァクシン(COVAXIN)」は、予想より数カ月早く来年2月にも提供が開始される可能性がある。 写真はインドのハイデラバードを走る同社の企業バス。今年7月3日に撮影。(2020年 ロイター/ストリンガー撮影)

[ニューデリー 5日 ロイター] - インド政府が開発支援しているCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンは、予想より数カ月早く来年2月にも提供が開始される可能性がある。今月治験の最終段階に入る予定で、これまでの研究では安全性と有効性が示されているという。

このワクチンは、インドの民間企業バーラト・バイオテックがインド医学研究評議会(ICMR)と共同で開発している「コヴァクシン(COVAXIN)」。当初は来年第2・四半期の提供を目指していた。

ICMRの科学者は、「ワクチンは有効性を示している。年明けまたは2月か3月までには何らかのものが入手可能になるとみている」と述べた。

2月に提供されれば、インド製ワクチンとして一番手となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up